calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

46年ぶり・・・・時効です。

0
    店長です。

     


    当店で、iPadを取り扱い始めたことがきっかけで自分でも使い始めて早一年。

    無くても全く困らなかったiPadも、今では手放せなくなってしまいました。


    これがスティーブ・ジョブズが言った

     



    人は形にして見せてもらうまで自分は何が欲しいのかわからないものだ

     



    という言葉を体感したということなのでしょう。


    いわゆる潜在ニーズ(新しい喜び)を呼び覚まされた私は、

    ガラケーで十分だった携帯電話を17年間連れ添った

    docomoと別れてまでiPhoneに乗り換えるべく、

    先日MNPの手続きをしてiPhone5を予約してきました。

    毎日新しいパートナーが来るのを待ち焦がれています。

     



    小さな書店にとって数十年に一度、iPhoneとまではいきませんが、

    少なくともスティーブ・ジョブズ並みのテンションで、

    お客様の潜在ニーズに訴えかけなければならない商品があります。


    それがこちら。

     



    小学館創業90周年記念企画『日本美術全集』全20巻 




    なんかものすごく力が入っているのが一目瞭然です。


    90周年の小学館が

    46年ぶりに美術全集を発売で、

    この先50年は作らないそうで、


    3年半かけて

    全20巻刊行予定だそうです。


    数字だけ足したら200オーバーです。

    イチロー並みです。

     



    まずは第1弾、2012年12月5日発売予定の

    『法隆寺と奈良の寺院』


    言わずと知れた現存する世界最古の木造建築群、世界遺産、法隆寺。


    金堂など伽藍の55棟が国宝・重要文化財に指定され、

    多数の国宝を含む1000体を超える仏像彫刻を有する日本の至宝。

    本書はそれらを後世に伝え残すために、叡智と経験を注ぎ込んだ、

    まさに集大成です。



    その中でも特に最新のデジタル技術を駆使し撮影された、

    日本仏教の源である『法隆寺金堂内陣』の写真は圧巻で、

    この構図の写真は史上初です。

    実際に法隆寺に行っても、仏像が柱などの陰に隠れて、

    このように見えることはありません。

     


    「行っても見れないものが、おうちで見れるんです!」

     


    ここは、たかた社長風に読んでください。

     



    1弾、2012年12月5日発売予定の『法隆寺と奈良の寺院』と


    2弾、2013年2月22日発売予定の『若冲・応挙、みやこの奇想』

    (若冲『
    動植綵絵』全30幅を完全掲載。

    こちらも素晴らしい
    のでぜひパンフだけでも見て欲しいです)


    の予約を10月19日まで承っています。

    各巻15,750円です。


    とりあえず1冊でも、2冊でも、もちろん全巻予約も承っております。


    予約特典として予約者無料直送っていうのもやっています。


    それだけでもなんなのでBOOK FORESTオリジナルバッグも付けちゃいます!

     

    是非、ご来店お待ちしております。



    電話・メールでも注文承ります!

    TEL 028-677-0017


    メール送信はこちら
     




    ちなみに、

    46年前の小学館『原色日本の美術』もBOOK FORESTでは閲覧できますよ。

     

     

    あっ、帯に「二度と実現できない不滅の出版」って書いてある・・・

     

     



    時効です。

     

     



     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.05.15 Wednesday
      • -
      • 09:31
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック